1. フォーカス:アジアの光!

ホームチームの大阪さくらは、日本の伝統的な強豪チームで、今年のAFCチャンピオンズリーグにもメインラインナップを送り、現在、グループリーグの最初の4ラウンドで無敗で、3勝1分け10ポイントです。, セレッソ 大阪 ユニフォーム リストの第 1 位. 全体的なパフォーマンスはまだ認識に値する.伝統の巨人サンフレッチェ広島は今シーズン、NFLの15ラウンドで21​​ポイントで10位にランクされ、彼らのパフォーマンスは期待に応えられませんでした。サッカーのレベルが最も低いオセアニアのチャンピオンであるオークランドシティは、ホストのサンフレッチェ広島がワイルドカードで参加し、1/8決勝へのチケットを争う。64分にはミッキーが右サイドからパス、森崎浩司選手のヘディングシュートを相手GKウィリアムズ選手がセーブ。

萩洋次郎のコーナーキックとゴール前での森崎和幸のシュートはウィリアムズにセーブされた。失点後、エバーグランデは攻勢を強めたが、相手はフォーメーションを撤回し、エバーグランデに得点のチャンスはなかった。その後、Evergrande は Elkeson を Gao Lin に置き換え、Aishen は少しがっかりしたように見えました。また、広島サンフレッチェは試合中に相手ゴール枠に3回ヒットするなど、運が悪かった。76分、広島が素早く反撃、ミッキーが強引に割り込んでシュートを放った。12分にはミッキーが右サイドで2人を抜いてパスを出すと、先にヴァイスリッヒがクリア。

ここ5試合はいずれも大きなゴールを決めており、よりアグレッシブなチームプレースタイルになっているので、今回の試合ではそこが注目できる。ペナルティーエリアで佐藤久人選手がボールに触れ、ボールの方向を少し変えたのがスローモーション。森崎浩二がボールを逃したのは残念だ。その際、わずか3分で赤崎周平と交代。 • 大阪さくらは週半ばの試合で好成績を収めた.チームは主力選手をローテーションし,福満高樹, 田中葦夢, 片山瑛一と型破りな主力選手を起用し, 田中葦夢と片山瑛一がチームに加わった.チームは勝利した.チームに続いて初のリーグ開幕を果たし、好成績を収めた. 同時に、コアミッドフィールダーのウー・ホンジが試合の最終ラウンドの73分にベンチから降り、負傷からの復帰を発表した. これも初めてのQingwuホンジは今シーズン、リーグでプレーした。

2018 年 11 月 11 日、AFC チャンピオンズ リーグ決勝の第 2 ラウンドで、鹿島アントラーズがイランのペルセポリスでゲストと対戦しました.最終的に、両者は 0-0 で引き分けました.鹿島は第 1 ラウンドでも 2-0 で勝利しました.合計スコアは2.0で、チャンピオンシップに勝ちました。28分には清水航平選手がローパスを入れると、オークランドシティのDF清水航平選手がクリアでオウンゴール。42分にはミキッチが右サイドから45度のハーフハイパスを入れるが、佐藤久人選手がシュートに失敗。22分、ワン・ティエンチンがフロントコート左サイドを突破してパスを出すと、黄開洲が中盤で1点を奪うと、セグ・ブメンが先制してクリア。86分、左サイドからキックバックを受けた山岸智選手がパスを出すと、佐藤久人選手がペナルティエリア内に飛び込みヘディングで頭上へ。90分には萩洋次郎選手に1点のチャンスが訪れますが、追い上げてきたウェスリッヒ選手がゴール前に出てしまったのは残念でした。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *